・借入金返済資金
債務を抱えている場合、借入金返済資金は必ず準備しておくようにしましょう。 金額としては、借入金・支払手形・買掛金・未払金等、支払が想定される項目の合計に返済割合をかけたものとなります。
・当面の運転資金
万一のことがあった際、経営状況の不安定化をある程度防ぐために、予備の運転資金を準備しておくようにしましょう。 金額としては、従業員の給与を6ヶ月間払い続けることのできる額程度は用意しておくべきです。
・納税準備資金
保険で借入返済資金や運転資金を準備する場合、受取保険金には法人税等がかかります。その支払のために納税準備資金を用意しておくと安心でしょう。 金額としては、借入金返済資金/当面の運転資金として受け取る額に0.5をかけた額を用意しておくケースが一般的です。
相続や事業承継の際によく問題になる納税資金不足。経営者の財産の多くは、土地、自社ビル、自宅、自社株など、すぐには動かすことのできないものばかりです。 ですが、税金の支払いや財産の分割は避けては通ることができません。事業承継資金準備として、 また、相続税納税対策資金としてぜひ弊社の保険サービスをご利用ください。 (中小企業庁からの事業承継ハンドブックをプレゼント中です。ぜひお問い合わせください。)
主人はワンマン社長で仕事熱心で、責任感があり 面倒見の良い人でした。健康にも自信があり、風邪で寝込むこともないほどでしたが、 まさか心筋梗塞で、突然他界するなんて思ってもみませんでした。 主人は帰らぬ人となりましたが、あの時生命保険に加入しておいて良かった・・・ 突然の事でしたが、会社関係者には支払等の迷惑を掛けることなく、 現在は息子が会社の経営をしています。 決してお金では幸せはかえませんが、主人が残してくれた家族への愛情だと思います。 (出版業界/C社長の妻のコメント)
1.定期保険
一定期間の死亡・高度障害を保障する、割安な保険料で大きな保障を得ることのできる保険です。経営者に万が一の場合の保障に適しています。 また、保険金額が高額になるにつれて保険料割引があり、健康体割引もあります。(法人契約の保険料は全額損金)
2.逓減定期保険
保険期間中の保険料は一定で、保険金額が一定期間ごとに減少する保険です。生涯保障の終身タイプなどの保険にも変更できます。 経済的リスクのカバーにお使いください。(法人契約の保険料は全額損金)
3.長期平準定期保険
長期間の保障が可能で経営者向けの保険です。資産形成効果が高く、保障や財源準備としてお使いいただけます。 また、保険期間中の保険料は一定となっております。(法人契約の保険料は全額または1/2損金)
保障額が同じでも、BMI指数の判定により保険料が26%~10%割安になる場合があります。
以下のQRコードに携帯からアクセスしてください。 健康体割引の判定を行なうことができます。
■その他ご相談
フィットライフでは、相続・事業承継・その他税務相談も行なっております。
こちらからお気軽にお問い合わせください。
Copyright (C) fitlife All Rights Reserved.